LaZoo掲示板
カオス・ストーリー23

AKBと強姦島
第35話

中田「ほ…欲しいですあ…あなたの…」

燕「燕でいいよぉ!僕のおちんちんが欲しいのかい?だったら恥ずかしがらずに言ってご覧?」ジュボッ、ジュボッ、グチュッ、グチュッ

中田「はぁ?だ…だめぇっ…はぁはぁ…ほ…欲しいです燕さんのお…おち…おちんちんを下さい…はぁはぁ…」

燕「良く言えたねちぃちゃん何も恥ずかしい事じゃ無いんだそれなら僕のする事はその思いに答える事…」チュッ

燕田は軽く中田の唇にキスを交わすと一物を中田の膣にあてがい

燕「い…行くよちぃちゃん」

中田「う…うん来て燕さん」

ズブッ、ズブブッ

中田「はぁ?ああん…」

ズボッ

燕「大丈夫?ちぃちゃん今ちぃちゃんの中に全部収まったよ」

中田「は…はいっ大丈夫です…う…嬉しい燕さんと一つに成れたんですね」

燕「そうだよ僕らの愛は繋がったんだ!それじゃ動くよ」

中田はコクっと頷く荒れほど恐怖だったSEXが今では中田に最高の癒やしを与える中田はまるで周りに人の存在を忘れてしまうほど燕田とのSEXに酔いしれる。

チュッ

中田「んん…はぁはぁ…うふっ…」ネチャ、ネチャ、チュパッ、チュパッ

燕田が腰を振りながらキスを交わすと今度は中田の方から舌を絡ませ激しいキスを繰り広げる。

燕「い…好いよぉ…ちぃちゃんの中とっても心地いいよぉ」ジュップ、ジュップ

中田「あああ…わ…私も…つ…燕さんをもっと深く感じたい」

燕「ぼ…僕ももっとちぃちゃんを感じたいけど?そろそろ限界の用だ名残惜しいけどこれ以上ちぃちゃんを汚せないから取り出すよぉ?」

中田「だ…だめぇっ…抜いちゃやだよぉ?もっと燕さんを感じたい…」

燕「で…でもっこのままじゃ僕は保たない…またちぃちゃんを汚してしまう?」

中田「い…好いよぉ燕さんなら私の中に…燕さんの全てを下さい…」

中田はこれ以上中に出されると妊娠のリスクが高く成るので危険と思うが散々、嫌な男達の精子を出された中田は燕田の精子で浄化されたい汚れた自分を清めて欲しいと心から燕田に中で出して欲しいと願い出る。

燕「分かった!じゃ良いんだねちぃちゃんの中に僕の愛を全て出すよ」ズチャ、ズチャ

中田「う…うん…ちょうだい燕さんの愛を全部…私にあっあっ…はぁはぁ…」

燕「い…逝くよちぃちゃん…ううっ…で…出るぅ?」ドピュッ、ドピュッ

中田「はぁ?き…来てる熱い…燕さんの愛が私にあああ…い…イクウッ…私もイクウッ!」プシュ?

燕田は中田の膣内に精子を放出し中田もまた潮を噴き出しながらその精子をしかりと子宮深くで受け止める。

燕「好かったよ?ちぃちゃん…」

燕田が精子を放出し中田から離れようとすると

ガシッ

燕「ん…ちぃちゃん何を…?」

中田「い…いやぁ燕さんこのままでこのままでいて下さい」

燕「そうしたいのは山々だけどまだ後が仕えているし僕の時間は終わりだよ?」

中田「いやぁ…いやぁ…他の人は嫌ぁ燕さんがいい」

中田はもうっこれ以上違う男に抱かれたく無いと燕田にしがみついて離さない

燕「分かったよちぃちゃん…店長お願いします。ちぃちゃんを僕に下さい」

中田「つ…燕さん」

色雀「それはツバの専用にするって事…」

燕「せ…専用とかそんな物じゃない僕はちぃちゃんを愛してるだから誰にも触れさせたく無い」

中田「燕さん…ぽぉっ」

中田は突然の燕田の愛の告白に頬を染める。

色雀「どうやら真剣みたいですね…分かりました。どうでしょう皆さんここは若い二人の愛を心から祝福しようでは有りませんか」

鶴「じ…冗談じゃねぇ俺はまだ遣ってないぞ…何てね良いぜ俺はそれで人の恋路を邪魔する野暮な事はしないぜ」

燕「ツルありがとう」

鷹「よかったなツバおめでとう」

鷺「ツバ!ちぃちゃん!ヒューヒュー熱いぜ!」

鶉「お似合いだぜお二人さん」

パチパチ、パチパチ

色雀とB6は燕田と中田の愛を拍手でたたえる。

燕「ありがとうみんな!」

中田「ありがとうございます皆さん」

中田は先ほど酷い仕打ちを受けた事を忘れ燕田と自分を祝福してくれる男達に心からお礼を言う

燕「ちぃちゃんにお願いが有るんだけど好いかな?」

中田「な…何ですか?私に出来る事なら」

燕「出来る事なら僕はまたちぃちゃんを抱きたいでもっスッカリ元気が無くなってしまった?それでちぃちゃんのお口で元気にしてくれないか?」

中田「…わ…分かりました私も燕さんに抱いて貰いたい出来るかどうか分からないけど私遣ってみます」

燕「ありがとうちぃちゃんそれじゃ悪いけどお願いするよ」

燕田は胡座をかいて座り中田はスッカリ元気の無くなった一物に顔を近付ける。

中田(これが先、私を愛してくれたおちんちん…キャアッ)

中田は先ほどまで嫌悪感を持っていた一物の事が今は愛おしくて可愛く見える。

ペチャペチャ、チュプッ、チュプッ

中田「んぐっ…んん…つ…燕さん…んぐぐ…どうですか?」

燕「うん…ちぃちゃんとっても気持ちいいよ…これなら直ぐに復活できそうだ」

そうは言っている燕田だが一向に一物はふにゃふにゃのままで元気が無い、そればかりか燕田は目で合図を送る。

鶴「よっしゃやっと俺の出番か」ヌリヌリ

鶴野は自分の一物にタップリとオイルを塗り込む。

中田(だ…だめだ全然…元気に成らないよ私が下手だから?だめっだめだよ私が元気にしないと)

レロレロレロ、チュプッ、チュプッ

中田「あふっ…んぐっ…んん…はぁはぁ…」

中田は燕田の事を元気にしようと一生懸命で背後に鶴野が忍び寄っている事に気付かない、そんな無防備な中田のアナルにオイルを塗り込みそして

ググッ、ズブブブッメリメリ、ズボッ

中田「ひっああんぎイイいぎぃ?」

鶴「うおっ…すげーよコイツのケッすげー締め付けて来やがる」ズブッ、ズブッ

中田「ひいイイイなっ…何で…た…助けて…ぎひっ…燕さん…」

中田は突然、鶴野にアナルを犯され何が起こったのか理解が出来ず燕田に救いを求める。

燕「だから言っただろ僕の時間は終わりだって後はツルに可愛がって貰いな」

中田「い…いやぁ…た…助けて…燕さん…い…痛いお…お尻が裂けるぅ?ギヒィ」

鶴「裂けるってお尻は最初から裂けてんだよ」ズコッ、ズコッ

先ほどの優しい表情から一変して冷たく冷めた視線で中田を見つめ中田の視界から燕田は消えた。

NEXT
TOPへ戻る
LaZoo掲示板
カオス・ストーリー23
トップ
総合テキスト投稿&無料HP作成
(C)Chaos-File.jp